お問い合わせ042-420-4100

〒203-0054 
東京都東久留米市中央町5-9-38

駐車場
21台完備

ドライアイ・結膜炎

駐車場
21台完備

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイ・結膜炎

ドライアイは、涙の分泌量が減少することに伴い、くろ目(角膜)、しろ目(結膜)の目の表面をきちんと防護することが出来なくなり、様々な不快な症状が現れる状態です。
大別して、涙の分泌量が減少するタイプと、涙の油分が少なくて蒸発が亢進するタイプの2種類があります。最近は長時間にわたるスマートフォンの操作、パソコンの使用、エアコンによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間装用、ストレスの増加などでドライアイは急増しています。

主な症状について

ドライアイになると、目の表面の涙液が不十分になるのですが、意外に「目が乾く」という症状を訴える人は少ないようです。それよりも、目がかすむ、目がショボショボする、目が疲れる、目が覚めたらまぶたが重たい、目が熱い、目の異物感、目の充血などを訴えて眼科を受診する方が多く見られます。さらにドライアイがひどくなると、目が痛くて目を開けていられないなどの症状が現れるようになり、頭痛や肩こり、気分不快などの全身的症状を伴うケースもあります。下記のような症状が見られた方は、ぜひ眼科受診お勧めします。

ドライアイの原因

涙は瞬きにより流出します。
涙の分泌量は、いろいろな要因が絡み合って決まります。そのため、ドライアイを引き起こす原因を一つに絞り込むことは難しいのですが、一般的にはPCやスマホ、テレビゲームなどによってモニター画面を集中して凝視する時間が長くなると、それによって瞬きの回数が大幅に減少するため、ドライアイ症状が出現すると言われています。

主な治療法

ドライアイの治療にあたっては、人工涙液やヒアルロン酸を含む角結膜上皮障害治療薬によって目の潤いを保ったり、また目薬を使うことによって涙の分泌量を増やす傾向にする点眼もあります。
またはドライアイを予防するための眼鏡を装用する、部屋を加湿するなどの環境を整える事も大切です。
また目薬の種類によっては防腐剤の入っていないよりピュアなタイプの点眼もあります。

これらの治療を行なっても症状が十分に改善しないときは、涙点(涙の排出口)をプラグで閉じる(蓋をする)方法、ご自分の血液から蛋白質成分だけ取り出しこちらで調合しご自分にとってより馴染みやすい点眼液を使用していく方法、外科的に糸で縫合して涙点を閉鎖する方法などもあります。

結膜炎

花粉症(アレルギー性結膜炎の一種)

結膜炎は、ウイルスや細菌性の感染症、自己免疫疾患など様々な要因によって引き起こされます。このうち、花粉やダニ、ハウスダストなどが原因のものをアレルギー性結膜炎と呼びます。花粉の飛ぶ季節に限定して目のかゆみや充血が起こる季節性アレルギー性結膜炎、一年中症状が続く通年性アレルギー性結膜炎、春から夏にかけて重症化する結膜に石垣状の凸凹できる結膜炎を春季カタルと呼日ます。

主な症状について

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 目のかゆみ、涙目、充血、吹き出物
  • 喉の痒み、腫れ、痛み
  • 皮膚のかゆみ、腫れ、痛み、吹き出物
  • 腹痛、下痢、肛門の違和感
  • 微熱、疲れやすい
  • 口の中のかゆみ、腫れ など

花粉症の予防含めた初期療法

本来、病気の治療は症状が出てから行うのが原則です。しかし、花粉症の場合には症状が出る前から予防・治療があります。
花粉症が飛び始める少し前(2週間くらい前)から、薬による花粉症の初期療法を始めておくと、症状の発症を抑えられ、花粉シーズン中の症状を和らげる効果が期待できます。

花粉症・アレルギー性結膜炎の治療

花粉症・アレルギー性結膜炎治療は点眼が主です。またくしゃみや鼻水、鼻づまり、咳などを軽くするために内服薬・点鼻薬もあります。服用によって症状が軽くなります。指示通りにきちんと服用することをお勧めします。

アレルギー症状が強い人には、さらに局所ステロイド点眼薬をお出しします。ステロイドとは言っても、点眼として使う量はごく少量なため、副作用は少なめです。

はやり目(流行性角結膜炎)

はやり目(流行性角結膜炎)とは

流行性角結膜炎はアデノウイルスによる感染症です。一般的には「はやり目」と呼ばれ目の風邪みたいなイメージです。痒みは殆どありませんが、目の充血、目やに、涙目、まぶたの腫れ、耳前方や顎の下のリンパ節に腫れや痛みが生じるなどの症状が現れます。

はやり目は、夏季に多く発症します。子どもから成人を含む幅広い年齢層に見受けられます。なお、はやり目は学校保健安全法で定められた第三種感染症なので、感染力が無くなったと医師が判断するまでは学校に登校できません。成人の場合も、感染を広げないために出社は控えます。非常に感染力が強いウイルスなので、家族など周囲にうつさないよう気を付けましょう。(当院では必ずパンフレットお渡しします)

はやり目の初期症状

はやり目の潜伏期は約1週間~10日です。最初は片目だけに発症し、数日のうちに、もう片方に同じ症状が出ることが多いです。
通常、発症してから約1週間後に病状のピークが来て、その後次第に改善していきます。炎症が強くでる方には、目が痛くて目が開けられない方もいます。

主な症状について

はやり目は結膜の充血を引き起こす疾患ですが、この他にも多量の湿った目やに、涙が止まらない、まぶしい、目が痛む、などの症状がよく見られます。耳の前や顎の下にあるリンパ節が腫れたり、結膜に白い炎症性の膜が生じることもあります。なお、アレルギー性結膜炎とは違い、痒みはほとんどありません。

はやり目の治療

原因がウィルスのため特効薬はありませんが、不快な症状を和らげる目的で、炎症を鎮める点眼薬が使用されます。また、抵抗力が落ちている結膜に細菌が感染しないように、抗菌点眼薬が予防的に使用されます。
症状は、ウイルスに対する体の抵抗力がついてくるに従って徐々に治まり、通常は3週間~1ヶ月くらいで完治します。

東久留米つぼい眼科
クリニック名
東久留米つぼい眼科
院長
坪井 隆政
診療内容
一般診療、手術全般(まぶた・白内障・緑内障・硝子体など)
住所
〒203-0054
東京都東久留米市中央町5-9-38
TEL
042-420-4100
最寄駅
電車でお越しの方
西武池袋線【東久留米駅】
バスでお越しの方
東久留米西口より西武バス
【武12】御成橋停留所下車徒歩1分
【武52】前沢宿停留所下車徒歩5分
診療時間 日祝
8:45~12:00
14:30~17:30
緊急手術

:火曜午後は手術 :金曜午後は予約検査・手術
:土曜午前は8:45~12:30まで
※緊急手術は月曜から土曜日の毎診療日に随時対応致します
※コンタクトレンズを初めて装用される方は16:30までの受付となります