お問い合わせ042-420-4100

〒203-0054 
東京都東久留米市中央町5-9-38

駐車場
21台完備

網膜硝子体・黄斑疾患

駐車場
21台完備

黄斑上膜(黄斑前膜、網膜上膜)

網膜硝子体・黄斑疾患

黄斑前膜は、網膜の中心部=黄斑部に薄い膜が張る状態です。黄斑の前に膜が張るという事で黄斑前膜とも呼ばれます。初期のうちは無症状ですが、進行するにつれて前膜が徐々に収縮し網膜をひっぱる結果、視力が下がったり、ピントが合わない、物が歪んで見える、などの症状が現れてきます。

治療に関しては、硝子体手術により網膜前膜を除去します。当院では手術には30分程度の手術時間となります。
くわしくは、こちらをご覧ください。

黄斑円孔

黄斑円孔は、黄斑部の後部硝子体剥離に伴う牽引などが原因となり、眼底の中心にある黄斑部に小さい穴が開く疾患です。黄斑部は、網膜の中でも視力にとって特に重要な部分ですので、物が歪んで見えたり、視力が下がっていったりします。
治療は硝子体手術によって原因の牽引を解除し円孔を閉じ、視力の回復も望めるようになりました。
くわしくは、こちらをご覧ください。

黄斑浮腫

黄斑浮腫は、網膜中心部にある黄斑に液状の成分が溜まり、むくみを起こして視力が低下する疾患です。黄斑浮腫の多くは、糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、ブドウ膜炎など、様々な疾患が原因となって引き起こされます。そのため、治療にあたっては原疾患の治療を進めます。これに伴って黄斑浮腫も治まっていきます。

網膜色素変性症

網膜色素変性症は、網膜の中で光を感じる視細胞が障害を受け、夜盲症などを引き起こす遺伝性の病気です。暗いところで物が見えにくくなったり、視野が狭くなったり、距離感を把握しにくくなって物にぶつかりやすくなったりします。徐々に進行し、視力が低下していきますが、失明に至ることは少ないと言われています。

治療に関しては、残念ながら根本的な治療法は確立されていません。対症療法として、遮光眼鏡、拡大読書器の使用、ビタミンA製剤やDHAの内服などを行います。

なお、網膜色素変性症は、一定の要件を満たした場合に医療費助成制度を適応することが出来ます。視力・視野障害の程度によっては身体障害者認定も受けられますし、障害年金の対象になることもあります。詳しくは当院までお気軽にご相談ください。

中心性漿液性網脈絡膜症

中心性漿液性網脈絡膜症は、非裂孔原性網膜剥離の一種であり、30~50歳代の男性に比較的多く見られます。原因は、黄斑近くの網膜に栄養分を供給する脈絡膜の血管から水分が滲み出すことが主に考えられます。

治療に際しては、しばらく内服しつつ経過を観察することも多いのですが、再発を繰り返すときは光凝固術を行い、症状の改善を目指します。
くわしくは、こちらをご覧ください。

網膜剥離

網膜剥離は、その名の通り網膜が剥がれてしまう病気です。加齢などで網膜に穴が開き、液化した硝子体が入り込んで徐々に網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」、糖尿病網膜症などで生じる「牽引性網膜剥離」、中心性漿液性網脈絡膜症などの「滲出性網膜剥離」があります。

網膜剥離の主な症状

  • 黒い点などがチラついて見える
  • 目を動かすと視野の周辺に光が走る
  • 視野全体が暗くなった
  • 物が歪んで見える
  • 見える範囲が狭くなった

など

主な治療法

網膜剥離の状態によっては、レーザーを用いた網膜光凝固術や網膜冷凍凝固術で進行を食い止められることもあります。しかし、すでに網膜剥離が発生している場合は、手術が必要となるケースが大半です。強膜バックル術(強膜内陥術)と硝子体手術があり、患者さまの網膜裂孔の大きさや位置、進行度、硝子体出血の有無、合併症などを総合的に勘案し、治療法を選択します。

強膜バックル術は、眼球の外側を覆っている強膜の上からシリコンスポンジを縫い付け、剥離した網膜をくっつける手法です。主に年齢が若い方で行われます。若年層の方は眼球全体がゲル状の硝子体で満たされており、弾力性も高いため、眼球の内側から一定の圧力が働き、網膜剥離を是正しやすいのです。

一方、硝子体手術は中高年の網膜剥離の手術としてよく行われます。
くわしくは、こちらをご覧ください。

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症の一つです。網膜の毛細血管が閉塞して血の巡りが悪くなり、硝子体出血や黄斑部の浮腫、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を引き起こして視力の低下を招きます。重大な失明原因の一つでもあります。

糖尿病黄斑浮腫について

糖尿病網膜症の症状のひとつとして、黄斑浮腫が起こることがあります。物を見る際に非常に重要な役割を果たしている黄斑部にむくみが生じてしまい、視力低下を引き起こすのです。糖尿病網膜症は、ある程度進行しないと自覚症状が見られないことが多いのですが、黄斑浮腫は前増殖網膜症などにも見られます。

糖尿病黄斑浮腫の治療にあたっては、抗VEGF硝子体注射が適応となります。
くわしくは、こちらをご覧ください。

糖尿病網膜症の治療について

糖尿病網膜症の治療に際しては、食事の改善、適度な運動、薬物療法によって血糖のコントロールを目指します。しかし、血糖値を上手く調整できなかったときは、レーザー治療や硝子体手術を検討します。

レーザー治療は、糖尿病網膜症の状態が中期のときによく行われます。放置しておくと進行期の網膜症に進行して新生血管が出来やすくなるため、血流不足によって酸素・栄養が行き渡らなくなった組織をレーザーで焼き固めるのです。医療機器の進歩により、治療時間も短縮化し、痛みも少なくなってきました。

なお、レーザー治療で網膜症の進行を食い止められなかったときや、新生血管が破れて硝子体から大量の出血が見られる場合は、硝子体手術が行われます。
くわしくは、こちらをご覧ください。

加齢性黄斑変性

黄斑変性は、網膜の中心にある黄斑部に障害が起こり、視力が低下していく病気です。幾つかの要因で引き起こされますが、特に多いのが、加齢に伴って罹患率が急増する加齢性黄斑変性です。この疾患は高齢者の失明原因の一つであり、しかも近年増加傾向にあります。リスク因子としては、喫煙、紫外線による酸化ストレス、偏った食生活などが挙げられているので、こうした要因を是正していくように心掛けましょう。

主な症状

加齢黄斑変性には、脈絡膜から網膜に向かって新生血管(新しくできた血管)が伸びてくる「滲出型」と、加齢によって網脈絡膜の細胞が徐々に死滅していく「萎縮型」の2種類があります。

このうち滲出型は、黄斑に新生血管ができて出血するようになると、その場所に関係する視野に異常が生じてきます。初期症状は、見ようとする部分の直線が歪んだり、真ん中が暗く見えたりするなどです。病状が進行すると、視力が低下するとともに、色の識別にも影響が出てきます。

加齢黄斑変性の治療について

滲出型の治療は、新生血管の活動性、中心窩との位置関係などによっても異なりますが、最近はレーザー光凝固術や光線力学的療法よりも、主に抗VEGF療法を選択するケースが増えています。なお、萎縮型の場合は有効的な治療法がありません。

抗VEGF療法

抗VEGF療法の詳しい内容はこちらをご覧ください

光線力学的療法(PDT)

新生血管が中心窩にある場合に行われる方法で、レーザー治療の一つです。光線力学的療法では、腕の血管から注射した薬剤(光感受性物質)が新生血管に多量に入った際に、特殊なレーザー光線を照射します。新生血管の中に届いた光感受性物質が、光に反応して活性酸素を出します。活性酸素は毒性が強く、新生血管を損傷します。この治療に使うレーザーは熱がほとんど出ないため、中心窩の視細胞が焼けるようなことはありません。
※当院では提携先に紹介する形にさせていただきます

硝子体出血(眼底出血)

硝子体出血とは、網膜の血管などが切れて出血し、硝子体の中に血液が溜まった状態を意味します。通常、出血量が多いため、硝子体が濁ってしまって光が網膜まで届かず、視力障害を引き起こします。出血の量が少なければ、飛蚊症(虫や糸くずのような小さな黒い点が見える)の症状が起こります。

経過観察をしながら出血の自然吸収を待つケースから、早急な硝子体手術を要するケースまで、病態によって対応はいろいろになります。
くわしくは、こちらをご覧ください。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは
網膜静脈閉塞症は、網膜に張り巡らされている静脈が何らかの要因によって詰まってしまい、血液が流れなくなる疾患です。特に50歳以上の年配者に多く見られます。

静脈が詰まると、そこまできた血液の流れが阻まれ、末梢静脈から血液が溢れ出します。溢れた血液は、眼底出血を招いたり、網膜浮腫を起こしたりします。眼底出血や浮腫が黄斑に及ぶと、視力は低下し、放置すれば回復が難しくなります。多くの場合、網膜静脈閉塞症は、高血圧や動脈硬化によって引き起こされますが、他に血管自体の炎症や血液疾患などが原因になるケースもあります。

主な治療法について

網膜静脈閉塞症の治療にあたっては、レーザー治療や硝子体手術を検討することもありますが、最近は主に薬物療法を行います。新生血管を抑制する効果のあるVEGF阻害薬の注射が効果的です。
くわしくは、こちらをご覧ください。

網膜硝子体手術について

網膜硝子体手術は、硝子体内部に起こった疾患の改善を目指して行われる代表的な治療法です。眼内の出血や濁りなどを硝子体と一緒に除去することにより、視力の回復などが期待できます。

手術に際しては、3か所に孔をつくり、そこから専用の機械を挿入します。
これらの器具を操作し、目の内部の出血や増殖膜を取り除いたり、新生血管をレーザーで凝固したりします。手術時間は、症例によって幅がありますが、概ね0.5〜2時間程度です。術後、硝子体や網膜の状態を安定させるため、退院後も1か月程度は激しい運動などを避けましょう。

網膜硝子体手術の大まかな流れ

  • まず局所麻酔を眼球の後方に行います。痛みが気になる方は、術中に適宜麻酔を追加します。
  • 眼球に1㎜以下の小さな孔を3か所ほど開け、そこから手術器具などを挿入します。それぞれの孔には硝子体の切除・吸引、ライト、眼の中の水分量(眼圧)の調整する役割があります。
  • 眼の中の出血や濁りを取り除いたり、レーザーで新生血管を凝固したりして硝子体を治療していきます。
  • 除去した硝子体の代用として、水・空気・ガス・シリコーンオイルのいずれかを眼内に置換します。手術時間は、症例によって異なりますが概ね0.5~2時間です。また症例によっては網膜をきちんとくっつけるため、術後の数日間はうつぶせの姿勢を保つ必要があります。(例:網膜剥離、黄斑円孔など)

レーザー光凝固術について

レーザー光凝固術は、文字通りレーザー光を照射することによって患部の状態の改善を図る治療法です。黄斑の中心部分から離れた場所に活動性の高い新生血管がある場合は、レーザー光線を照射して焼き潰す方法が効果的です。これによって出血や血液中の水分の染み出しも解消します。

しかし、レーザー光線は新生血管を消失させる効果はありますが、同時にその周辺の正常組織も焼き潰されてしまうので、黄斑の中心部分に新生血管が及んでいるときは行えません。

硝子体内注射

抗VEGF硝子体注射とは

抗VEGF硝子体注射は、新生血管(破れやすい血管)の成長を促すVEGF(血管内皮細胞増殖因子)という物質の働きを抑える薬剤を硝子体(目の中)に注射する治療法です。これによって新生血管を一時的に縮小させることが出来ます。

VEGFは糖たんぱくの一種であり、本来は血管の修復を助ける働きがあります。しかし、増殖糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症などの病気の際には、この因子は新生血管(破れやすい血管)を増殖させてしまい、もろい血管のため壊れて出血やお水が溜り網膜のむくみを起こし、結果として視力低下の原因になります。抗VEGF硝子体注射は新生血管(破れやすい血管)の成長を止めるので、加齢黄斑変性などの治療に高い効果が期待できます。

なお、この注射は1回あたり1分程度で終了しますが、しばらくすると再び新生血管が伸びてくるので、注射は1か月に1回打っていき、経過を診ていきます。その後は、病状によって様々ですが、3回ワンセットの基本はありますが、当院はその都度患者さんとご相談しながら行っていくのが基本と考えてます。

硝子体注射の適応症例について

硝子体注射(抗VEGF硝子体注射)による治療は、網膜に発生する新生血管を減らす目的で行われる場合と、網膜にある黄斑の浮腫を改善するために行われる場合があります。

新生血管を減らす目的

  • 加齢黄斑変性症の治療
  • 増殖糖尿病網膜症の治療
  • 血管新生緑内障の治療

黄斑浮腫を改善する目的

  • 糖尿病網膜症の治療
  • 網膜静脈閉塞症の治療

硝子体注射の適応疾患

加齢黄斑変性症の詳細はこちらをご覧ください 糖尿病網膜症(増殖糖尿病網膜症)の詳細はこちらをご覧ください 血管新生緑内障の詳細はこちらをご覧ください 網膜静脈閉塞症の詳細はこちらをご覧ください

硝子体内注射の合併症

・眼内炎 ・眼圧上昇 ・眼感染症 ・水晶体損傷 ・網膜裂孔 ・網膜剥離 ・結膜下出血 など

保険適用の抗VEGF治療薬

現在、保険導入されている抗VEGF治療薬にはルセンティス、アイリーアなどがあり、当院では患者さまの症状や治療効果、合併症リスクなどを考慮して選択いたします。なお、この治療薬を用いた場合、保険診療でも1回当たり14万円前後(3割負担の場合の窓口負担が4~5万円、1割負担ならば1万5千円前後)ほど必要となります。

東久留米つぼい眼科
クリニック名
東久留米つぼい眼科
院長
坪井 隆政
診療内容
一般診療、手術全般(まぶた・白内障・緑内障・硝子体など)
住所
〒203-0054
東京都東久留米市中央町5-9-38
TEL
042-420-4100
最寄駅
電車でお越しの方
西武池袋線【東久留米駅】
バスでお越しの方
東久留米西口より西武バス
【武12】御成橋停留所下車徒歩1分
【武52】前沢宿停留所下車徒歩5分
診療時間 日祝
8:45~12:00
14:30~17:30

:火曜午後は手術 :金曜午後は予約検査・手術
:土曜午前は8:45~12:30まで
※コンタクトレンズを初めて装用される方は16:30までの受付となります