お問い合わせ042-420-4100

〒203-0054 
東京都東久留米市中央町5-9-38

駐車場
21台完備

眼科検診

駐車場
21台完備

眼科検診について

眼科検診画像

病気の中にはかなり進行しないと自覚でない病気があります。
特に40歳を超えたら検診をお勧めします。

当院では、最新の検査機器を整備し、病気を適正に見つけられるよう準備を整えております。
事前にお電話またはメールで連絡の上、お気軽にご受診ください。

マルチファンクション・レフラクトメーター MR-6000

眼科検診機器1

視力を調べるために必要な屈折を正確に測定します。
角膜(=くろ目)の形や厚さを調べられます。
眼圧(=目の張り)測定できます。
多機能が一台に集約してます。
患者さんが移動に困らないと思い選びました。

細隙灯顕微鏡検査

眼科検診機器1

この機器は人間でいう目みたいな役割をする機器です。
写真を撮る時にスイッチが足ではなく、指いいタイミングで押して撮れるため選びました。

3次元眼底撮影装置DRI OCT Trition

眼科検診機器3
  • 目の奥の眼底(=カメラでいうフィルム)である網膜、黄斑部(=網膜の中心)の断面図の解析ができます。
  • 緑内障の診断、早期発見にも有用です。
  • 網膜血管の状態も評価できます。
    こちらは網膜の詳細がわかるだけでなく眼底写真が同時に撮影できる事が優れ物と考え選びました。

光学式眼軸長測定装置 OA2000

眼科検診機器4

眼球の大きさや角膜の形状など色んな部位の測定に有用です。
中でも白内障手術時に新しく入れ替えるレンズの度数を計算する重要な機械です!

静的視野計

眼科検診機器5

視野を調べる検査です。
主には緑内障の方に有用です。
進行の有無に必要不可欠です。
また視神経病変や脳疾患の判定にも有用です。

前眼部3次元光干渉断層計 CASIA2

眼科検診機器6

角膜、水晶体(=カメラでいうレンズ)の解析をします。
緑内障の隅角(=目の中のお水の出口)検査できます。
この機械を導入した一番の理由は、精度の高い白内障手術が期待できるためです。

超音波画像診断装置

眼底出血したりして、外からの視認性が悪い場合に超音波を使って情報を得る機器です。
コンパクトなタイプを選択しました。

網膜光凝固装置

眼科検診機器7

パターンスキャン照射機能搭載により従来のレーザーに比べ痛みが少なく短時間で治療を行えます。
これは患者さん負担が少なくなると感じましたので選びました。

YAGレーザー機器

眼科検診機器8

白内障術後に生じる後発白内障(レンズを包んでいる袋が濁ってくる現象)を治療するレーザーです。
使い慣れたものがいいと思いこちらを選びました。

白内障・網膜硝子体手術機械

眼科検診機器9

コンステレーション。
白内障手術から硝子体手術まで幅広く行える機械です。
大学時代から親しみある機械で使い慣れているためこちらを選びました。

眼科用手術顕微鏡

眼科検診機器9

手術にとって一番大切なのは、視認性です。
こちらも長年使っているメーカーの高性能機種を選びました。
眼底広角観察システム リサイトを使用することにより、より一層安全で能率がいい手術を行えると確信し、選択しました。

東久留米つぼい眼科
クリニック名
東久留米つぼい眼科
院長
坪井 隆政
診療内容
一般診療、手術全般(まぶた・白内障・緑内障・硝子体など)
住所
〒203-0054
東京都東久留米市中央町5-9-38
TEL
042-420-4100
最寄駅
電車でお越しの方
西武池袋線【東久留米駅】
バスでお越しの方
東久留米西口より西武バス
【武12】御成橋停留所下車徒歩1分
【武52】前沢宿停留所下車徒歩5分
診療時間 日祝
8:45~12:00
14:30~17:30

:火曜午後は手術 :金曜午後は予約検査・手術
:土曜午前は8:45~12:30まで
※コンタクトレンズを初めて装用される方は16:30までの受付となります